Google AdSenseの審査に通過

Google AdSenseの審査に通過

 

 

ブロガーじゃないから記事はあまり更新するつもりはなかったんだけど、アドセンスの審査に合格するためにいくつか記事を書いて合格したので、その話をする。

 

Google AdSense    審査 通過 方法

 

とか調べると審査に通る方法が書かれた記事がたくさんヒットする。

 

・必要な記事数は10記事以上

・1記事あたり最低文字数は1000字

・最低三日に一度は更新

 

など書かれている。

 

Googleは価値のあるサイトに広告を配信し、お金を払う。

 

価値のあるページって何だろう・・。

 

色々あると思うけど、個人的には

 

価値のあるサイト=有益な情報を提供するサイト

 

なのかな、と。

 

価値があると判断するのも人なのでその明確な定義は難しいけど、単純に記事が多い、文字数が多い、更新頻度が高いとその可能性は高る。

 

年々基準が変わっていると言われているけど、本当にのところ基準はGoogleにしかわからない。

 

通る事例がわかれば、ある程度基準が読める、またその事例は多ければ多いほど良いと思うし、僕のサイトが審査に通過した時の状況を。

 

 

■記事数、文字数

トータルで13記事。文字数は800を超えるように書いた。

 

■更新頻度

不定期。

開設して1日で8記事ほどアップした。その後は一週間で1,2回更新する週もあれば、1週間更新しなかった週もあった。開設してから一ヶ月かかった。審査を申し込んでからは二週間程度。

 

■内容

文章、画像、動画、URL。

画像付きの記事はダメ、動画はダメ、リンクを貼ったらダメ、など書かれた記事を見つけたけど、僕の記事は全て含まれていたし、やはりよくわからない。文章しかなサイトよりも画像や動画、URLがあるサイトの方が価値があると言えるのではないかと思う。

 

基本的に音楽の記事を書いていた。好きなミュージシャンの話やライブに行った時の話、耳コピの話。自分が思っていることというか、日記のような内容。

 

Paul McCartneyと日本武道館

The Cribsの唾がかかった in トロント

 

読者のために有益な情報を書き続けるブロガーにはなれないな・・

 

■アドセンス申請回数

二回。

実はこのサイトを開設する前に同じようなサイトを作っていて、そちらで10記事作っていたんだけど、アドセンスの申し込みができなかったので、一度削除して作り直した。

 

ワードプレスでサイトを作る時に.comの後に文字を入れることができるんだけど、これを入れてしまうとどうやらダメみたい。

 

xxxx.com        →申請可

xxxx.com/yyy→申請不可

 

 

一度審査に落ちたのは前のサイトが残っていてコピペと疑われたからではないかと

それで前書いていた8記事を1日で一気にアップ

内容はほとんど変えていないし、実質審査に出したのは一回なのかも。

 

 

以上がアドセンス申請した時の僕のサイトの状況。

 

こうしてみてみると、あまり文字数や記事数は多くない。

 

正直自分の好きなことを書いただけで価値があるサイトとは思えないけど、一つ言うならば独自性があったからなのかなと。

 

これからも動画をアップしつつ、記事を書いていこうと思う。