2018年11月23日19:21

日本人が腹式呼吸ができないたった一つの理由

日本人が腹式呼吸ができないたった一つの理由

 

 

 

また量産型ブロガーが書きそうなタイトル。

これもGoogleの審査合格のための記事。

こういうのは苦手だ。

 

でも書いてみる。

 

 

日本人は腹式呼吸ができないと言われている。

 

僕も日本人だし完全にマスターしていないので偉そうなことは言えないけど、どうやらそういう民族らしい。

 

その理由は単純で、日本人は腹式呼吸を普段からしていないから。

 



 

日本語は、英語やスペイン語と違って、腹式呼吸で使う筋肉を使わずとも話せる珍しい言語だそう。

日本人が日常生活で腹式呼吸をするのは、睡眠の時くらいかな?

 

ずっと言葉を話す際に使っている欧米の人は普段から腹式呼吸をしているんだけど、そうじゃない日本人ができないのは当たり前。

 

 

例えば、下を歯で挟んでthの発音をすると、お腹が凹んでいく。

日本語にはない発音で腹式呼吸でしか出せない発音らしい。

お腹が凹むと成功。

 

 

でも呼吸をする・声を出すというのは、全て筋肉を使って行う動作だから、普段使わない筋肉を鍛えればできるようになる。

 

早口言葉もそれと同じ。

 

 

プロのミュージシャンが二時間も歌い続けられるのは、きちんとトレーニングしているかららしい。

 

よく無名時代、インディーズ時代の歌とメジャーデビューした今の歌は全然違うミュージシャンがたくさんいるけど、みんなきちんとトレーニングしてるんだね。

 

腹式呼吸 ボイトレ やり方

 

などと検索するとたくさんヒットするし、やり方もたくさんあるし、自分は専門家じゃないから偉そうなこと言えないので、知りたかったら調べてください。

 

 

歌の練習をする際はもちろん、日常会話でも意識すれば無意識のうちにできるようになると聞いた。

仕事の電話、友達との会話、ゼミの発表など、使える場面はたくさんある。

 

でも口臭が気になる方はあんまり意識しすぎると大変なことになるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です